資産運用

コアで選ぶべき海外ETF おすすめ3選【2022年4月】

この記事におすすめな人

コア資産で海外ETF何を選んだらいいのかわからない。とりあえず知りたい
読み終わる時間:5分

 

こんにちは!うなです。

コア海外ETF 何を選んだらいいの?ってなりますよね。

うな
うなもそんなひとりでした。今日はコアにするべき海外ETFについて紹介します。

 

海外ETFとは

・海外の取引所に上場しているETF。 ETF=「Exchange Traded Fund(上場投資信託)」の略で、株価指数など特定の指標への連動を目指す投資信託のことを指します。

 

 

 

 

結論

うな
うなが選ぶとしたらこの3つのVがオススメ!

おすすめ3選

①VTI
⓶VOO
③VIG

戦隊ものっぽい
にわちゃん

 

3つETFの特徴

うな
3つのETFについて紹介するよ

VTIの特徴

・正式名称 バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
・設定日 2001/5/31
・説明 米国株丸ごと投資ができるETFのひとつ
・特徴 中小型株を含めた米国市場の約4,000銘柄をカバーしている
・経費率が低く、右肩上がりに成長してきたので投資初心者から人気
・直近配当利回りは1.28%
・1年トータルリターン 4.37%
・5年トータルリターン 14.97%
・信託報酬 0.03%

VTI主要構成銘柄

AAPL アップル 5.97%
MSFT マイクロソフト 5.12%
AMZN アマゾン 2.83%
GOOGL アルファベットA 1.79%
TSLA テスラ 1.65%
FB メタ 1.62%
GOOG アルファベットC 1.60%
NVDA エヌビディア 1.27%
BRKB バークシャーハサウェイ 1.16%
J&J ジョンソンエンドジョンソン 0.99%

うな
手数料も低く、4000銘柄に広く分散できるおすすめETFだよ。うなもメインの投資先の一つ。

 

 

VOOの特徴

・正式名称 Vanguard S&P 500 ETF
・設定日 2010/9/9
・説明 VOOは米国の代表的な企業500社の株価を指数化している「S&P500」に連動するETF
・特徴 米国の大型企業への比重が大きくまとめて投資することができる
・直近配当利回りは1.37%
・1年トータルリターン 7.88%
・5年トータルリターン 15.54%
・信託報酬 0.03%

VOO主要構成銘柄

AAPL アップル 6.92%
MSFT マイクロソフト 6.03%
AMZN アマゾン 3.60%
GOOGL アルファベット 2.18%
GOOG アルファベット 2.03%
TSLA テスラ 1.90%
NVDA エヌビディア 1.64%
BRK バークシャーハサウェイ 1.58%
FB メタ 1.34%
UNH ユナイテッドヘルスグループ 3.34%

VTIと手数料も5年リターンもほぼ同じみたいだし、どう比較したらいいのかな
にわちゃん
うな
VTIと比較されがちだけどこちらは大型株&S&P500指数にフォーカスしているよ。大型株が相場をけん引していくと思ったらこちらを選ぶのもありだね

 

 

VIGの特徴

・正式名称 Vanguard Dividend Appreciation Index Fund ETF(バンガード米国増配株式ETF)
・設定日 2010/9/9
・説明 10年以上連続増配実績を持つ銘柄(REIT除く)のみで構成されているETF
・特徴 ディフェンシブ銘柄中心でありながら高いリターンも狙える優秀なETF
・直近配当利回りは1.55%
・1年トータルリターン(1年) 8.02%
・5年トータルリターン(1年) 14.16%
・信託報酬 0.06%

VIG主要構成銘柄

MSFT マイクロソフト 4.68
UNH ユナイテッドヘルスグループ 3.89
JNJ ジョンソンアンドジョンソン 3.75
PG プロクターアンドギャンブル(P&G) 3.29
JPM JPモルガンチェースアンドカンパニー 3.24
V ビザ 3.01
HD ホームデポ 2.88
KO コカコーラ 2.09
AVGO ブロードコム 2.07
COST コストコ 1.98

うな
10年以上連続増配実績を持つ銘柄で構成されている有名なETFだよ。生活に密着したディフェンシング銘柄への構成も多いよ
10年以上はすごいね。これからの将来性も期待できそう
にわちゃん

 

 

 

 

3つのETFの選び方

うな
比較表を作ってみたよ
項目 VTI VOO VIG
正式名称 バンガード・トータル・ストック・マーケットETF Vanguard S&P 500 ETF バンガード米国増配株式ETF
設定日 2001/5/31 2010/9/9 2010/9/9
特徴 米国株丸ごと投資ができるETFのひとつ
中小型株を含めた米国市場の約4,000銘柄をカバーしている
VOOは米国の代表的な企業500社の株価を指数化している「S&P500」に連動するETF
米国の大型企業への比重が大きくまとめて投資することができる
10年以上連続増配実績を持つ銘柄(REIT除く)のみで構成されているETF
ディフェンシブ銘柄中心でありながら高いリターンも狙える
配当利回り 1.28% 1.37% 1.55%
1年トータルリターン 4.37% 7.88% 8.02%
5年トータルリターン 14.97% 15.54% 14.16%
信託報酬 0.03% 0.03% 0.06%

 

わかりやすい。そこまで大差はなさそうだね。
にわちゃん
うな
正直、自分の好みと性格にあったETFでいいと思う

 

まとめ

うな
本日のまとめはこんなところ

 

まとめ

・ETFで選ぶとしたらVTI/VOO/VIGがおすすめ!
・リターン、信託報酬もあまりかわらない。
・4000銘柄と幅広く投資したいならVTI
・大型株に投資したいならVOO
・将来成長性に期待したいならVIG
・長く投資することを意識

うな
米国が成長する限りはメイン投資としてうなもこれらに投資するよ
ほんと米国株は心強い
にわちゃん
うな
おすすめの証券会社はこちら

SBI証券・・・超大手証券会社、米国株から投資信託も可能。Tポイントもたまる

松井証券・・・米国株取引開始。ポイント現金還元サービス有


 




 

記事ランキング

-, 資産運用